本文へスキップ

福岡を拠点とする、専門・所属を超えた環境問題の勉強の場です。

本フォーラムに関するお問い合わせは、お気軽にmail@fukuokagakusai.com

趣旨・運営メンバーAIMs and core members

趣 旨


Dr. Shinya Suzuki (Fukuoka University) presents his research project investigating sorting behaviours of recyclables at the project room in Seinan Community Center.


「福岡環境学際フォーラム」は、国公私立大コンソーシアム・福岡の共同研究事業(2009・10年度)をきっかけに交流を深めてきた環境問題の研究者有志を中心に、2011年4月1日に発足した、自主的な研究ネットワークです。
発足当日より、本フォーラムは以下の趣旨を掲げて活動しております。

(1)福岡を拠点に、九州、東アジアにおける環境問題の学際的検討と政策提案。
(2)特に、問題解決のために都市間連携、広域連携、国際連携を必要とする分野に着目。例えば、地球温暖化(低炭素化)対策、越境汚染対策、漂流・漂着ごみ対策、地域循環圏の形成、国際資源循環の適正管理、都市と自然の共生、生態系ネットワークの形成、など。
(3)3カ月に1回程度、フォーラム主催の研究会および懇親会を開催(早良区西新近辺)。
(4)ブログによる活動記録や関連情報の公開
(5)メーリングリスト(ML)参加者間での日常的な情報の共有と意見交換
(6)ML参加者間での共同研究推進の相談。

これまでの活動実績の概要については、下記をご参照ください。

今後も試行錯誤しながら、みなさまの研究あるいは実務に貢献できるようなことを進めてまいります。


運営メンバー


Dr. Jung Woojong (Fukuoka Institute of Technology) chairs Interdisciplinary Conference on Environmental Problems on making sustainable societies proposed in Fukuoka and Kyushu.


2012年4月現在の本フォーラムの運営メンバー(コアメンバー)は、以下の6名です。

*岡 重男氏:公益社団法人福岡県産業廃棄物協会
   【専門】廃棄物工学
*勢一智子氏:西南学院大学法学部
   【専門】行政法、環境法
*鄭雨宗(チョン・ウジョン)氏:福岡工業大学社会環境学部
   【専門】環境経済学、地球温暖化政策
*中山裕文氏:九州大学工学研究院
   【専門】環境システム工学、廃棄物工学
*松田晋太郎氏:環境テクノス株式会社、合同会社ひびくー
   【専門】廃棄物管理、バイオマス利活用
*渡邉智明氏:九州大学グリーンアジア国際リーダー教育センター
   【専門】国際政治・政治学、環境政治

We are the core members of this Forum:
*Shigeo OKA, Fukuoka Industrial Waste Association [Engineering]
*Tomoko SEIICHI, Department of Law, Seinan Gakuin University [Law]
*Woojong JUNG, Department of Socio-Environmental Studies, Fukuoka Institute of Technology [Economics, Ph.D]
*Hirofumi NAKAYAMA, Faculty of Engineering, Kyushu University [Engineering, Ph.D]
*Shintaro MATSUDA, Environmental Technology Service Co., Ltd. [Engineering, Ph.D]
*Tomoaki WATANABE, Green Asia International Leaders Education Center, Kyushu University [Politics]
(and Hideo KOIDE, Department of Economics, Seinan Gakuin University [Economics, Ph.D])


これまでの活動実績(概要)



Six undergraduate and graduate students in five universities and two lecturers are discussing around the table after the study on environmental and energy strategies by Fukuoka Prefecture and Saibugas Co.,Ltd.


【2011年度】
発足した1年目は、定例の研究会だけではなく、西南学院大学で開催した映写会&講演会「環境モデル都市・北九州市の取り組みを学ぶ」の後援および環境学際交流会(公開講座)「福岡・九州で提起する持続可能な社会」の共催、さらに学生主体の施設見学会「大学生向け環境修学旅行@北九州」の開催などにも携わりました。

【2012年度】
年度の途中からは、西南学院大学の教育インキュベートプログラムに採択された「福岡超大学環境ゼミナール〜「ふくお環かんゼミ」で創る学生の環において、大学および文理を超えた学生の交流、および社会人との交流をサポートしています。なお、この取組は、西南学院大学経済学部の小出ゼミが運営に関与しつつ、学内外のゼミ・研究室、および社会人の参加協力によって成り立っています。3カ年の研究教育事業です。

【2013年度】
本フォーラムが申請した「ふくお環かんたび」(コンテスト)事業が、エフコープ環境助成事業に採択されました。これが、フォーラム名義で獲得した初めての助成事業です。
前述の「ふくお環かんゼミ」の春期勉強会(6/7)・秋期勉強会(11/22)とカップリングする形で、企画コンテストとグランプリ決定戦を開催しました。
そのサイドイベントとして、本フォーラムの第9回研究会(4/13)では企画コンテストの説明会を、第10回研究会(9/28)では鹿児島大学の学部生と九州大学の研究者による関連講演を、それぞれ開催しました。

2014年度
前年度実施した「ふくお環かんたび」事業の報告を、エフコープ環境助成金活動報告会にて行いました(5/17)。第12回研究会(7/5)では、西南学院大学法学部の学生有志5名が、研究発表を行いました。



↓本フォーラムを8ページでご紹介した資料です。ご笑覧ください。

http://fukuokagakusai.seesaa.net/article/403399156.html




発表実績



We are listening to the social business project conducted by the undergraduate students (Omae Seminar) in Kagoshima University at the tenth regular meeting in Seinan Community Center.


《紙 面》 Articles

(1)「福岡環境学際フォーラムの2011年度の活動」(資料)
 『西南学院大学経済学論集』(西南学院大学学術研究所)第46巻第3・4合併号、2012年3月、195-216頁。
Activities of Fukuoka Interdisciplinary Forum for Environmental Problems (FIFEP) in Fiscal Year 2011
http://repository.seinan-gu.ac.jp/handle/123456789/759


(2)「大学間連携から生まれた“福岡環境学際フォーラム”とその取り組み」
 「私立大学環境保全協議会会誌」(私立大学環境保全協議会)第16号、2013年6月、8-11頁。
Introduction of Fukuoka Interdisciplinary Forum for Environmental Problems Resulted from Four Universities' Coorporation Called Consortium Fukuoka
http://www.shidaikankyo.jp/publication/for_member.html


(3)「大学生がチームで企画し実行する「ふくお環かんたび」」
 「私立大学環境保全協議会 30周年記念誌」(会誌第19号)、2014年3月、48-49頁。
Undergraduate Student Teams Produce and Practice their Unique Fukuokan Tabi [One-day Environmental Feeling and Touching Trips around Fukuoka Prefecture]


[Scanned paper is attached]



《口 頭》 Oral

(1)「大学間連携から生まれた“福岡環境学際フォーラム”とその取り組み」(特別講演)
 私立大学環境保全協議会第26回夏期研修研究会、2012年8月30日、西南学院大学。
Introduction of Fukuoka Interdisciplinary Forum for Environmental Problems Resulted from Four Universities' Coorporation Called Consortium Fukuoka
http://www.shidaikankyo.jp/active/summer.html


(2)「大学生が競う「ふくお環かんたび」」
 2013年度エフコープ環境助成金活動報告会、2014年5月17日、エフコープ生活協同組合研修センター。
Idea Competition of "Fukuokan Tabi" (One Day Environmental Feeling and Touching Trips around Fukuoka Prefecture) among Fukuokan Undergraduate Students
http://www.fcoop.or.jp/news/event/2014/140414-2.html


[Poster for demonstrating our activities at the fcoop meeting]



(以下、続々)







welcome to our community in the west!!

福岡環境学際フォーラム
Fukuoka Interdisciplinary Forum for Environmental Problems (FIFEP)
運営代表:小出秀雄(西南学院大学経済学部)
Representative: Hideo KOIDE (Department of Economics, Seinan Gakuin University)

各種お問い合わせは、↓までお気軽にお寄せください!
Any question will be welcome by sending a mail to the following:
mail@fukuokagakusai.com