本文へスキップ

福岡で環境問題を学ぶ大学生の交流の場、福岡超大学環境ゼミナール(ふくお環ゼミ)

お問い合わせは・・・mail@fukuokagakusai.com

ふくお環ゼミの趣旨Aims of fUKUOKAN-ZEMIi

福岡超大学環境ゼミナール(通称:ふくお環かんゼミ)の目的



 福岡都市圏には多くの大学があり、その多くの学部の講義やゼミ・研究室において、環境問題・エネルギー問題を学ぶことができます。
 とはいえ、環境問題は自然現象から人間の振る舞いに及ぶ、長く複雑なプロセスから構成されており、単一の学問分野を学ぶだけで理解できるものではありません。
 また、環境問題自体が多岐に及ぶため、学生が積極的に研究したい問題について担当教員がよく理解していないことが原因で、例えばゼミ内のリポートや卒業論文の作成において有益な指導ができないこともしばしばあります。

 そこで、「ふくお環かんゼミ」は、環境問題の効果的な教育方法を確立するため、次の3つの目的を掲げています。
 (1)文系・理系の学生が共に学ぶ機会を創ります。
 (2)その学生たちが主体的に協同し、双方の研究分野を理解しようと努力します。
 (3)学生を指導する立場の教員がその活動を見て、自身がどのようなことを知っていなければならないのかを認識し、実践します。



ふくお環かんゼミの目標



 ふくお環かんゼミは、その取り組みの推進によって達成すべき目標を、以下のように3つの大項目(【 】部分)と3つずつの小項目(箇条書き部分)に分けて設定しています。

【目標1】母体である小出ゼミメンバーの積極的な活動
●ふくお環かんゼミのリーダーおよびサブリーダーが次にすべきことを把握し、小出ゼミのメンバーおよび他大学のゼミ・研究室の代表者に必要な連絡をしているか。
●各期勉強会での討論者、研究発表会での発表者に積極的に立候補して、一定の成果を挙げているか。
●ふくお環かんゼミの活動に、すべてのメンバーが何らかの形で関与しているか。

【目標2】文系・理系を超えた環境問題および研究手法の相互理解
●施設見学会で同じものを見聞きして、その感想を言い合うことができているか。
●勉強会や発表会でお互いの取り組んでいることをある程度理解するとともに、意見を交換することができているか。
●勉強会や発表会で得た経験を、自分たちの研究に役立てることができているか。

【目標3】ゼミ・研究室の担当教員の姿勢の変化
●一連の行事に参加して、自分のゼミ・研究室のメンバーの姿勢に良い変化を見出しているか。
●自分の日常の教育内容に取り入れたい、新たな発見があるか。
●その発見を、教育内容に実際に反映させているか。


ふくお環かんゼミの協力メンバー(随時追加)

西南学院大学
小出秀雄(取組責任者)
西南学院大学
勢一智子
福岡工業大学
鄭 雨宗
九州産業大学
本間 聡  ※2014年4月、東海大学政治経済学部に異動。
九州大学
中山裕文
福岡大学
鈴木慎也
(公社)福岡県産業廃棄物協会
岡 重男

福岡超大学環境ゼミナール(ふくお環かんゼミ)事務局
ふくお環ゼミ(福岡超大学環境ゼミナール)

〒814-8511
福岡市早良区西新6-2-92
西南学院大学経済学部
小出秀雄(取組責任者、取組担当者)

お問い合わせは、↓までお気軽に。
mail@fukuokagakusai.com